オールインワンゲルに変えて本当に大丈夫?

オールインワンゲル1本のみケアに変えて肌はどうなった?

【使用中】メディプラス・メディプラスゲル

30代

肌がとても潤うようになりました。以前は夕方になると目元や口元がカサカサと乾燥して、メイクが崩れてしまっていたのですが、オールインワンゲルを使ってからは朝から寝るまで肌が潤うようになりました。また深くなってきていたほうれい線が、あまり気にならなくなりました。

【使用中】新日本製薬・パーフェクトワン

40代

オールインワン化粧品に変えてから、肌の保湿力が高まりました。以前は朝の起床時、日中など肌の乾燥が目立ちましたが、それが改善されました。肌のキメが整い、ハリが生まれてきました。化粧のノリが明らかに良くなりました。

【使用中】なちゅライフ・ローヤルゼリーもっちりジェル

43歳

オールインワンに変える前から、肌トラブルがあったわけではないので何かが改善したとか、特に肌質に変化があったわけではありませんが、簡単にスキンケアができるのに以前よりは、肌のしっとり感が得られるので満足しています。

【使用中】田舎家・青じゅる

30代

オールインワンゲルに変える前は、化粧水で終わる事が多かったので、とにかく乾燥がひどかったです。鼻周りの角質が乾燥し、化粧のりも悪かったです。育児のストレスや疲れも影響はしていたのですが、とにかく毛穴は開いた状態でした。オールインワンゲルに変えてからは、ひどい乾燥から脱することはできました。肌に優しく、刺激が全くなかったため、トラブルもなく、毛穴の開きも少し改善しました。

【使用中】ビオレ・うるおいジェリー

33歳

オールインワンゲルに変えてから、肌に特に大きなトラブルは起きていません。肌質にも変化は見られていないです。肌状態の変化について強いてあげるなら、秋冬になってからは目元や口元が若干乾燥を感じるかなという程度です。

【使用中】DHC・薬用Qクイックジェルモイスト&ホワイトニング

40代

薬用マイルドローションとオリーブバージンオイルをつけていた時はとても肌がしっとりして乾燥肌が改善されていました。薬用Qクイックジェルモイスト&ホワイトニングに変えてみましたが、こちらでもしっとりして、よく潤い乾燥肌が改善されました。

【使用中】メディアプラス・メディアプラスゲル

50代

元々トラブルの少ない肌なので、肌質が変化したかどうかまでは、よく分かりません。でも、メイクのノリは良くなったように思いますし、メイクを落とした後も、前はカサついて感じていたのが、いまはスルスルっと指がすべえるようになりました。

【使用中】ナチュリエ・ハトムギ保湿ジェル

40代

手を抜いた朝のスキンケアでは、40代という私の年代ではお肌は乾燥する一方です。今ではオールインワンジェルのみなので手を抜くことなく、しっかりスキンケアできます。三点セットの手抜きケアよりも肌が潤っていて嬉しいです。

【使用中】ViTAKT・バランシングウォータージェル

40代

肌に特に変化はありませんが、何より1つでお手入れが済むという時短が気に入っています。敏感肌にもやさしく、トラブルもありません。肌はしっとりと潤い、べたつかずにすぐに肌に浸透していく感じがあります。

【使用中】ハダラボ・濃極潤パーフェクトゲル

40代

オールインワンゲルに変える前は、カサカサの肌で乾燥がとてもひどく、普段のスキンケアをきちんとしていても改善がみられなかったのですが、オールインワンゲルに変えてからは、肌の調子が一気に向上し、潤いがあるモチモチ肌に変化しました。

オールインワンで満足する人としない人の差は何?

オールインワン化粧品で十分という人と、いやダメ。複数使わないとお肌に入っていかない!という2つに分かれますよね。

この差は何なのか?

オールインワンで満足できる人は、そもそものスキンケアが過剰で肌が傷んでいた人です。そんな人は、肌への摩擦回数が減るオールインワン化粧品に変えることで肌状態が好転することがあります。

逆に満足できない人というのは、肌にたっぷりと保湿成分が残らないとダメ!と思い込んでしまっている人です。その状態は良くないのですが、そうじゃないと不安になってしまうのです。

この両方の人に満足できるオールインワン化粧品ならセラミド主体がおすすめ。上記アンケートでならメディプラスゲルが代表格です。かなりの人気で多くの人が満足しています。

なぜセラミド主体だと両対応なのか?という理由については、

セラミドのオールインワンゲルなら本当に1本で済む!

を参照してください。

一工程で済ませる場合、重要なのは実感だけでなくちゃんと肌奥まで潤いを取り入れ、しっかりと維持できるかどうか。この点ではセラミドがずば抜けています。オールインワンだからこそより本物が求められるので、セラミド入りがNo.1と言えますね。

オールインワンの弱点はビタミンC

オールインワンゲルにもビタミンCはよく配合されています。でもビタミンCの良さを本当に引き出すには条件が悪いです。

ビタミンCはいろいろな種類が開発されていますが、基本的に肌に浸透しにくくて壊れやすい。ビタミンCが思ったほど肌に届いていないケースが大半です。

それは保湿成分など同時に含まれる成分も邪魔してしまうから余計です。

つまりビタミンCだけは単独で使用しない限り、その良さは分からないというわけ。

だからビタミンCで評判なのは美容液単体であって、あれこれ入っていないシンプルなものです。オバジなんかそうですよね(ビタミンC化粧品の評判)。

なのでオールインワンゲルではどうしてもビタミンCのメリットを享受しにくいという弱点はあります。もう1点使うならビタミンC美容液は選択肢に入りますね。

このエントリーをはてなブックマークに追加